知っているようで知らない?ゴアテックスの知識。

この記事は2分で読めます

こんばんは~。みきです。

今日は最近皆さんがよく知るウェアなどの素材、ゴアテックスについて、

ご紹介します。

よく「ゴアテックスつかっているから良いウェアなんでしょ?」

と言われたりしますが、ゴアテックスとは何で、どんな種類があるのか詳しくよく知らない人が多いので、

詳しくご紹介していきますよ~!

ゴアテックスって一体何?

みなさんよく「ゴアテックス」と言いますが、「ゴアテックスって何?」と聞かれたら、答えれますか。

私はこんな感じで「あの~あれでしょ?防水されてるウェア」くらいしか言えませんでした。(笑)

実はゴアテックスは、『アメリカのWLゴア&アソシエイツ社が製造販売している、防水等質性素材の商標名』なんです。

では、ゴアテックスに種類があるのはご存知ですか。

 

ゴアテックスの種類は??

まずご紹介するのがゴアテックスの種類ですね。

ゴアテックスの種類はなんと3種類あります。

  1. ゴアテックス プロダクト
  2. ゴアテックスプロプロダクト
  3. ゴアテックスアクティブプロダクト

こんなにあるの?と思う方いるのではないでしょうか。私は初めてゴアテックスを調べた時、「3種類もあるの!」と思いました(笑)

特徴をご紹介します。

まず1.ゴアテックスプロダクトですが、優れた防水性防風性透湿性を備えたタイプ。

おもにトレッキングスノースポーツ向けに使われています。

そして2.ゴアテックスプロプロダクトは、耐久性があり丈夫な製品で、岩場が多い場所高所登山登山ガイド向けなどに使われています。

最後に3.ゴアテックスアクティブプロダクトは、透湿性が重視されているので、トレイルランニングアルパインクライミングなど発汗の多いスポーツに使われています。

ここでよく出てくる単語「防水」「透湿」ですが、詳しく言うと「水蒸気は通して、水を通さない」と言うことです。

これだけでも、大体の用途に合わせて、素材を選ぶことに役立つと思います。

ちなみに、私は北海道在住ですが、ゴアテックスプロダクトは、とくに重宝しております。北海道の冬はとても寒いので普段使いから、スノースポーツまで使っています。

ちなみに、みなさん間違われるのが、「ゴアテックスは暖かい」と思われていること。

これは大きな間違いです!!!

ゴアテックスは3種類ありますし、一番私が重宝しているゴアテックスプロダクトは、防水性、防風性、透湿性を備えてますが、温かくする性能はありません。

なので、ウェアの中を暖かくすることで、寒さをしのげるということになります。

ゴアテックスの素材って??

何気に「ゴアテックスの素材」と言っていますが、正しい素材の名前は「ゴアテックスファブリクス」といいます。

このゴアテックスファブリクスは、3層になっており、「表生地」「ゴアテックスメンブレン」「裏地」で、

防水性・防湿性・防風性、この性質を持った素材は「ゴアテックスメンブレン」といい、メンブレンは全ての製品に共通です。

まとめ

いかがでしたか?今回はゴアテックスに関しての知識についてご紹介しました。

今回ご紹介させて頂きましたが、もっと詳しくゴアテックスについて再度記事を書かせて頂きますね。

自分でも分かりやすいように書いたので(笑)ご参考になれれば良いなと思います。

スポンサードリンク

[ad#ad1]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。