小樽天狗山の自然の村では雨でもキャンプが楽しめる?

この記事は2分で読めます

みなさんこんばんは~!みきです♪

シルバーウィークに小樽天狗山自然の村にキャンプ行ったんですよ♪

まぁ、ひとつ前の記事で小樽自然の村キャンプ場の宿泊情報お伝えしたのですが、そのキャンプ・・・なんとだったんです。(笑)

でも、雨でも全然私は楽しめちゃうほうなので、私の今回の雨キャンプについて、ご紹介しちゃおうかなと思います☆

案外雨でのキャンプは楽しいので、キャンプ当日雨になってしまっても、この記事を見ていただければ、雨キャンプも悪くないなぁと思えるはずです!!

スポンサードリンク

[ad#ad-1]

自然の村キャンプ場で雨の時は!?

なんとこの自然の村のキャンプ場内に、大きいタープが張られているので、タープを持っていない人でも、そのタープの下でBBQとかすることができるんです!

ただ、キャンプ利用者みんなで使うので、周りの利用者さんとの距離が近いです

なので、距離が近くても問題ない人であれば、そこを利用すると、晴れの日と同じように楽しめますよ☆

私たちは自分達のタープがあるので、土砂降りの中タープを設営。

完全防備しているので雨もへっちゃらです♪

なんと設営中に・・・アカガエル発見☆体調5センチくらいの掌に収まるくらいだったんですが、近くにいた子供が居て、欲しい~~~と言っていたので、とってわたしましたw

ただ、その子供が自分の親の所に持って行くのを見ていると、お母さんたちから

「え~~~家には持って帰らないであとで放してあげなよ~」

と言われていて、だだこねてる姿が可愛かったですw

そのあと自然に戻していたので、心の優しい子になるのは間違いないですね♪←

そんなこんなで自然をたっぷり味わう始まりから、楽しさMAXです☆

タープを張って、その中にテーブルやらイスやら設置。仲間もみんな座って談笑~。

スポンサードリンク

[ad#ad-1]

雨の時の自分達で最低限用意するものは?

私が今回の雨キャンプでこれは大事だ!って思ったものですが、

  1. ブルーシート
  2. タープ
  3. 雨具

これは最低限必要だなと痛感しました。

ブルーシートは、自分達で薪を持っていくときに、雨で濡れてしまうと薪は燃えずらくなってしまうので、濡らさないようにブルーシートで覆うのが大事です。

そしてタープですが、キャンプ場のタープを使用しないで、自分達のタープを使う予定だったので、雨キャンプ時の落ち着く場所作りも大事です。

なにより雨具は、雨の中何かをするときに、とても役立ちますよ♪

雨キャンプで雨にぬれてしまって風邪をひいたりしたら、楽しむこともできなくなっちゃいますからね~!!

必要最低限のこの3つのアイテムがあれば、問題無いでしょう☆

雨キャンプの楽しみ方は!?

これは楽しみ方と言うよりかは、多分普通にみなさんがキャンプするときと同じだとは思うんですけど、食事ですね!

結構私たちのキャンプでは、食事に力を入れているので、雨キャンプでも美味しく楽しむことが出来るんですよね☆

定番の餃子の皮ピザから、やきそば、少し手の込んだ炊き込みご飯や、トマトとモッツァレラチーズのカプレーゼ、本格的なラーメン・・・

このキャンプで絶対に2~3㎏太った!!!って自覚できる程、美味しいので食べまくりました♪(笑)

少し雨が小ぶりになったくらいに、歩いて展望台の方に行くと小樽の景色を一望することが出来ますよ♪

景色はやはり晴れの方が綺麗だとは思いますが、雨の日の小樽を一望するのも悪くないかと思います。

夜景なんかもロマンチックですよ☆

あとアイテムで、スピーカーがあると、雰囲気が格段にあがります♪

BGMがあるのとないのじゃかなり変わりますよ♪スピーカーがなくても携帯やタブレットで音楽聴くのもアリ☆

雨だからテンション落とすんじゃなくて、雨だからこそ雨の日でしかあまり見ることができない自然もたくさんあるので、テンションあげていきましょう~!!

まとめ

いかがでしたか?私の雨キャンプの楽しみ方をご紹介しました♪

雨降ると「うわ~~雨かよ~」って誰でもなっちゃうと思うんですけど、雨だからこそ食事に力を入れたり座りながら仲間と話すだけでも晴れの人は少し違った楽しみがあると思います

晴れの日だと、各自行動するので話したりして盛り上がることとか、食事もそこまで力入れないので・・・w

みなさんも雨キャンプ楽しんでくださいね♪

スポンサードリンク

[ad#ad1]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。