たかのてるこのエッセイ本は!?結婚や経歴が気になる!

この記事は4分で読めます

こんばんは~!

今日はたかのてるこさんについてご紹介していこうと思います!

たかのてるこってだれ?何やっている人?

などなど、疑問に思うことを解決させましょう♪

たかのてるこプロフィール

たかのてるこteruko_photo

引用元:http://www.takanoteruko.com/

たかのてるこさんは本名も高野照子さん。

生年月日1971年2月8日の45歳。生まれは大阪府茨木市

出身大学は、日本大学藝術学部放送学科卒業

今現在は、エッセイストテレビプロデューサー

45歳の今でも一人旅がお好きなようです♪

結構カッコイイですよね!バリバリ働いている人生を楽しんでいるウーマン!!!

うらやましい~~~♪私もバリバリ人生楽しみながら仕事がしたい!w

エッセイ本はどんなものがあるの!?

気になるのが自身の経験をもとにつくられているエッセイ本

どんなものがあるのかご紹介していきます♪

5年振りに、待望のエッセイ本を発売されました!

・純情ヨーロッパ

「地球の歩き方」には絶対に載らない魅力がてんこ盛り!
初めての本格ヨーロッパ旅、〈ヌーディスト・ビーチ〉で真っ裸になる!
読むと元気が出る、痛快ハチャメチャ紀行エッセイ♫
(イタリア、スペイン、デンマーク、ドイツ、フランス、モナコ公国、ポルトガル他)

・人情ヨーロッパ

ウルトラディープな未知の世界に、目からウロコがボタボタ落ちる!
下町が舞台の人情ドラマに出てくるような、人情深い人たち。
読むと生きるのがラクになる、抱腹絶倒ヒーリング紀行エッセイ♫
(スイス、ハンガリー、クロアチア、スウェーデン、ボスニア、セルビア、トルコ他)

・日本をディープにめぐる、抱腹絶倒の旅エッセイ
『ど・スピリチュアル日本旅』(幻冬舎)好評発売中!
高野山で美坊主とプチ修行、アイヌのシャーマンの儀式「カムイノミ」に参加、
沖縄最強のユタのお告げ、個性派離島めぐり旅…知らない日本がてんこ盛り!

・「人生を大きく変えた!」東欧ルーマニアの紀行エッセイ、好評発売中♪
『ジプシーにようこそ! 旅バカOL、会社卒業を決めた旅』(幻冬舎文庫)

・たかのてるこの全紀行エッセイ(幻冬舎)、電子書籍化♪
http://www.gentosha.co.jp/book/b6296.html

引用元:http://www.takanoteruko.com/

めちゃめちゃ面白そうですよね~~♪

結構若い人でもエッセイ出している人いますが、やっぱり経験が豊富の方のも見ごたえがあって個人的には好きです♪

旅先だからこそ分かることもあるし、海外に飛びまわる女性って大好きです♪

スポンサードリンク

[ad#ad-1]

結婚はしているの!?

教会, 祭壇, 建物, ドイツ, アーキテクチャ

さて、皆さん気になるのが結婚ですよね!!!

調べたところ、ラオス在住の方とうわさがあったみたいなのですが、破局してしまったそうです。

なので今現在は独身でいらっしゃるようですよ。

45歳で独身でも、とても楽しんでらっしゃるので、それはそれで幸せなことですよね。

私もまだ未婚ですが、人生を楽しんでいきたいって常日頃思っていますが、未だ行動に移せていません。

たかのてるこさん!お手本にします!!

経歴をまとめました♪

たかのてるこさんの経歴をまとめましたよ~!

1989 日大芸術学部在学中に海外ひとり旅に目覚める。

1993年 以前から、たかのの旅に注目していた島田紳助氏から「素人で一番おもろい」と見込まれ、『クラブ紳助』に素人で初めて“ゲスト”として出演。

1995年 奇跡の人事異動で、テレビ部配属に。

1996年 深作欣二監督の初ドキュメンタリー、メ~テレ開局35周年記念『もの食う人びと』(テレビ朝日系)で、チェルノブイリの原発、ウガンダのエイズ、韓国の慰安婦を取材。

1997年 友人の吉本ばなな氏から「動くてるこを映像にすれば、天職になる」と助言され、すっかりその気になって有給休暇を10日間とり、友人のカメラマンを道連れに、インドへ撮影旅行に出る。

1998年 インド旅行の映像を自ら編集してテレビ局に持ち込み、『恋する旅人~さすらいOLインド編』(TBS)のタイトルで放送され、話題に。

1999年 『恋する旅人』の英語字幕付き・中国語の吹替版が 、アジア7ヶ国にて放送。

2000年 デビュー作の紀行エッセイ『ガンジス河でバタフライ』(幻冬舎)を出版。

2002年 モロッコを旅するうち、ある日突然始まったイスラムの摩訶不思議なイベント、
断食(ラマダーン)体験を綴った、紀行エッセイ第二弾『モロッコで断食』を出版。

2003年 ラオスでのハチャメチャ恋愛冒険体験を綴った『モンキームーンの輝く夜に』(幻冬舎)を出版。

2004年 海外を旅する度に「あなたは仏教徒?」と聞かれるも、仏教の中身を知らない自分がもどかしく、チベット文化教を旅し、憧れのダライ・ラマに会いに行くまでを綴った『ダライ・ラマに恋して』(幻冬舎)を出版。

2005年 旅番組『銀座OL世界をゆく!3 ダライ・ラマに恋して』がフジテレビにて放送。

2006年 『恋する旅人』の英語字幕付き・中国語の吹替版が 、アジア7ヶ国にて放送。

2007年 旅番組『銀座OL世界をゆく!4 キューバでアミーゴ』(フジテレビ)放送。

2008年 ドラマSP『ガンジス河でバタフライ』、旅番組『「ガンジス河でバタフライ」ができるまで』DVD化。

2010年 たかの自身が現地の人たちと体当たりで触れ合う、行き当たりバッタリのプライベート旅を記録した旅番組は、深夜放送ながら大きな反響を呼び、熱いラブコールに応えて、〈たかのてるこ旅シリーズ〉『銀座OL世界をゆく!』DVD-BOXが発売に!

2009年 月刊誌「セオリー」(講談社)の「世界に誇る代表的日本人」 特集で取り上げられる。

2011年 3月、東日本大震災が起き、人はいつ何どき何が起こるか分からない”無常”を痛感。

2012年夏 旅の原点である”一人旅”をすべく ヨーロッパ21ヵ国・約2ヶ月間・15000キロの鉄道旅を敢行!2011年 18年間、勤めた東映を退社し、独立

2012年 大正大学(文学部)に、非常勤講師として就任(講義は「異文化特別研究」)。

2014年 初の日本旅エッセイ本、『ど・スピリチュアル日本旅』(幻冬舎)を出版。

引用元:http://www.takanoteruko.com/profile.html

結構ハードな方ですね♪

行動力がとても素晴らしい方で、素敵です。

まとめ

いかがでしたか?今回はたかのてるこさんについてご紹介しました。

素晴らしい行動力があって、笑顔が素敵なたかのてるこさん。

今後の活躍に期待が高まります!!

スポンサードリンク

[ad#ad1]

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。