サイモンエアの口コミや評判が気になる!遊び方もチェック!

この記事は3分で読めます

こんばんは~♪

今日はちょっとお子様のおもちゃについてご紹介しちゃいますよ~☆

私には甥っ子がいて、よくおもちゃの話をしたりするんですが、「サイモンエア」って言葉初めて聞きまして。

なんかのモンスターなのかと思いましたwww

結構面白そうなので、調べちゃいましたよ~♪

スポンサードリンク

[ad#ad-1]

サイモンエア(simon-air)について

引用元:http://www.takaratomy.co.jp/products/simonair/

アメリカではとてもメジャーな記憶をどれだけ覚えて入れるかっていうゲーム「サイモン」

サイモンの初代はなんと、1978年に発売され、日本にも輸入されたそうです。

日本でも大ヒット!!だったそうですが、38年前だと生まれていないので、分からん…w

今現在、販売されているサイモンエアは、エアというだけあって、押したり触ったりせず、プレイできるそう。

従来のサイモンエアから見た目もスタイリッシュになり、グレードアップ♪

ちなみに、第一世代はプッシュボタン、第二世代がタッチセンサー、今回発売の第三世代がタッチフリー!!

どんどん進化していってるんですね♪

光ったライトを覚えて、その色の通りに手をかざしていくゲームなんですが、やっぱりどんどん難しくなるわけで…w

大人も夢中になれると言われております!

子供と一緒に記憶ゲームなんて、楽しそうですよね!

ってか、子供の方が案外記憶力良かったりすることもありますからね~ww

気になる遊び方は!?

  1. 光ったライトの順番を覚える
  2. 全て光終わったら同じ順番でライトに手をかざす
  3. 間違えなければクリア!!!

どうですか?簡単ですよね!!!w

ライトが緑⇒赤⇒黄色と光った場合

同じように、緑⇒赤⇒黄色と手をかざしていきます

引用元:http://www.takaratomy.co.jp/products/simonair/

気をつけることは、ちゃんと光終わってから、手をかざすこと!!

途中でスタートするとミスした事になってしまうので要注意♪

光は一つずつ増えていくので、どんどん難しさがアップしていきます!

スポンサードリンク

[ad#ad-1]

なんとゲームモードも3つあります!

  1. シングル(1人プレイ)
  2. ダブルス(2人プレイ)
  3. クラシック

シングルは、色々なテクニックを使って全16ステージを攻略するモード!

引用元:http://www.takaratomy.co.jp/products/simonair/

ダブルスは2人で息を合わせて、協力しながらゲームをクリアしていくモード!

引用元:http://www.takaratomy.co.jp/products/simonair/

そして最後のクラシックは、純粋に1つずつ光が増えていくモード!全レベル100!

引用元:http://www.takaratomy.co.jp/products/simonair/

これ、意外と難しそうですよね~~。

ってか、クラシックで全レベル100って100も絶対覚えきれない!!!www

でも、大人もハマりそう!!ww

シングル(1人プレイ)ダブル(2人プレイ)スワープフォーハンズクロスオーバー

引用元:http://www.takaratomy.co.jp/products/simonair/

こんなにも触り方があるのも、特徴ですね!

気になるのは口コミや評判!

気になるのが口コミ評判ですよね~~♪

そこで調べてみましたよ♪

 

とてもシンプルだけど楽しめました!
光ってキレイなので、薄暗いところで遊ぶのがオススメですw。

引用元:http://ameblo.jp/namikihiroshi/entry-12213156070.html

探してはみたものの、実際にやって口コミを書いている人が少ないというww

けれど、この口コミを見る限りでは、大人も楽しめるっていうこと!

=パーティーとかにもってこいのおもちゃ!!!!

まぁ、日常的に一緒に子供と遊んだりしたら、ボケ防止にもなりそうですよね!w

まとめ

いかがでしたか?サイモンエア気になっている人も多いはず!!

遊び方口コミなどが参考になればいいなとおもっています♪

これからの季節には、クリスマス!というイベントがあるので、全国のお父さんお母さん…いや、サンタさん!

お子様にプレゼントでサイモンエアプレゼントして、一緒にプレイして楽しむのアリですよ!

スポンサードリンク

[ad#ad1]

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。